人生を六本木のデリヘル嬢と考えた

人生を六本木のデリヘル嬢と考えた

デリヘルの使い方って結構自由だと思うのです。だから私は半分の時間をプレイ、もう半分の時間をトークタイムに置いています。予約する時間も最低でも120分ですね。そういうのが嫌だ、とりあえずプレイだけに集中したいという要望を受けた場合には素直に従うわけですけれども。基本的には六本木の女の子は大体オッケーしてくれます。今日も六本木のデリヘル嬢と半分はトーク、もう半分はプレイにした訳ですが、トークをしている時に人生について話を色々としました。こういう自分でありたいという話を色々としていたのですが、嘘の部分もまあ結構あるかも知れませんが、意外と本音で話をしてくれるデリヘル嬢も多いので、嬉しい所です。仕事、プライベートに関わらず真面目な話を一通りして、最終的には性の話に持って行くのがいつものパターンです。相手のことを良く知らないまま、六本木の女の子というだけでプレイをするというのはどこか興奮し切れないなあと言うのが、正直自分の中での本音です。相手を少しでも良いから知ってからの方が、プレイをしている時の興奮度が全然違うんですよね。ただココまで言っていて思ったのが、流れとしては飲み屋で出会った女性を口説いてホテルに行ってるのと何ら変わらないなということです。それをわざわざ六本木のデリヘルでやらなくても良いのではないかというツッコミが来るのではと思ってしまいました。でも確実性は間違いなく後者なので、これからもこの遊び方を六本木のデリヘルでして行こうと思います。

六本木デリヘル 極上級風俗『スタイリッシュクラブ』