池袋のリフレ嬢に質問攻めにされた

池袋のリフレ嬢に質問攻めにされた

池袋でリフレを使うのが最近のマイブームなのですが、レンタルルームに入ってからいつも予約をします。予約をしてから部屋を確保だと、たまに空いていないことがあるので、あらかじめ入って置くわけですね。だいたい池袋の中でもどこのレンタルルームがリフレとかの利用が良くされているかは何となく把握してあるので、もう手慣れたような状態です。レンタルルームって、簡単な仕切りぐらいしかないので、通路とかを歩いていると普通の他の人がプレイをしている様子の音が聞こえたりもするので、結構際どい感じです。その声を聞いているだけでもまずもって結構興奮もしてしまうわけですが、その段階で準備体操をしているような状態となっています。部屋の中からお店に電話して、フリーで女の子に来てもらうようにお願いして、のんびりと待ちます。この待っている間の時間が結構ワクワクしてしまうんですよね。それで実際にやってきた女の子が可愛かったらなおよしですけれども。今回やってきた女の子は、池袋のリフレで働き始めて3ヶ月ぐらいという娘でした。学校を卒業してから上京して来たものの、手っ取り早く稼ぎたいと思ったそうで、この手のリフレで働いてみることにしたんだとか。でもまだ都内で暮らし始めてわからないことだからだと言うことで様々なことについて質問攻めをされました。上京する前に調べるようなことをすることは無かったのかと疑問に思った部分も結構あったのですが、いきなり池袋のリフレで働くぐらいアグレッシブな娘なので、その度胸っぷりに免じて、色々と丁寧に教えてあげることにしました。田舎での生活とは池袋はだいぶ違うというのが当たり前ではあるものの、難しい面の方が多いですし、リフレでいきなり働いてしまうと他のバイトもできなくなってしまうと思うので、まともな仕事も都内ではあるということも教えたりしました。まるで自分が保護者になったかのような気分になってしまったのですが、質問攻めされたことに対してはできるだけ誠実に答えてあげました。これからの彼女が若干心配ではありますが、もしまた池袋で会うような機会があったら色々手助けしようと思います。

池袋リフレ【きゃらめるぽっぷこ~ん】添い寝/アロマ派遣型