川越のデリヘル嬢は地元志向が強い

川越のデリヘル嬢は地元志向が強い

埼玉で風俗遊びをするのであれば大宮や浦和といった大きな都市が良く知られていますが、川越にあえて行く理由はあまり無いと言えます。しかしながら隠れた素朴な美人が多くいるのも魅力です。店舗型の風俗店はあまり駅にはありませんが、デリヘルは結構営業をしています。川越はJRと東武鉄道と西武鉄道が通っていて、アクセスがそこまで悪いという訳ではありませんが、大きな街という印象を世間からは持たれておらず、観光地として知られているといえるでしょう。川越に遊びに来る目的はエッチなお店で遊ぶというよりは、小江戸への観光がメインと言えます。本格的に風俗店で遊びたいという人こそ、さいたま市内に行くものと思われます。しかし、川越のデリヘル店の良い面としては素人っぽい美人が多く在籍しているため、そういったタイプの女性とプレイをしたい場合には適していると言えます。また、川越のデリヘル嬢の特徴としては、どちらかと言えば内向的なイメージがあります。県内で栄えている大宮や都内に出て稼ぐという訳ではなく、地元のデリヘルで働いているという点において、地元志向が強い女性が多いようです。もっとも、地元で働くとなると身バレのリスクは格段に上がってしまいますが、近頃の風俗店ではきちんと対策が練られており、安心してデリヘル嬢の方も働いているようです。また、川越のデリヘル嬢は内向的なイメージはあるものの、性欲を隠したり抑えたりしている女性が多いため、プレイ前に雑談をしている時とプレイ中とで大きなギャップが見られます。エロさを全面に出すタイプが多い訳ではありませんが、スイッチが入ってからは気持ちよくプレイすることが出来るでしょう。そのため、少々無愛想だと思ったとしても粘り強くコミュニケーションを取れば心を開いてくれるはずです。もちろん、ノリが良いギャル系の女性もある程度はいますが、どちらかと言えば少数派ですし、元々別の地域で働いていて出稼ぎに来ているというパターンもあります。例えば、規模の大きい地域であれば店舗がしっかりしている部分が多い反面、お客さんの数も多いので身バレの危険性も出てきます。しかし、川越であればそこまで目立つ地域でもありませんし、別の地域からわざわざやってきて遊ぼうというお客さんも少ないと思われます。川越のデリヘル嬢は地元出身者が多そうですが、このように隠れて出稼ぎに来ている女性も多いようです。
川越風俗デリヘル 川越人妻城