つくばにデリヘルがある利点を考える

つくばにデリヘルがある利点を考える

日本全国津々浦々どこに行っても風俗というものは存在している訳ですが、地方の田舎地域には当然ながら風俗のお店は存在していません。しかし、昨今ではデリヘルというものが存在している訳ですから、どこの地域にでもデリヘルが利用できる状態にある訳です。そこまでして営業をしているデリヘル店もすごいと思いますが、意外にビジネス的に考えるとハイエナ商法ともいえるような強かな考えがあるような気がします。例えば、茨城県のつくば市を例に挙げましょう。決して田舎過ぎるわけでもなく娯楽として夜のお店もチラホラ確認できます。しかし、肝心かなめの店舗型風俗店は存在しないのです。つまり、昔から風俗店が営業するような文化がつくば市にはなかったということがすぐにわかるでしょう。そういうところだからこそデリヘルが利用できる利点があると考えられます。まさか、つくばでデリヘルが利用できるなんて考えてもいない状況ならば歓喜する人々もいることでしょう。とはいえ、意外にポイントなのが現実的にデリヘルが存在する意味があるのか否かです。例えば、都市部から離れておりアクセスも悪い地域で、訪れた人は滞在することが前提となってしまうような地域の場合、宿泊地があったりするものですので需要が確実にあると考えられます。しかし、つくば市の場合は、都心へのアクセスも悪くなく山手線の秋葉原までは40分程度でついてしまうのです。まるで遠いようなイメージはなく、通勤で通えるレベルでしょう。つまり、頑張って時間さえ確保できれば、片道1200円(往復2400円)を使うことが苦でなければ、不自由はないことにはなります。とはいっても、片道1時間で労働1時間相当のお金がかかってまで行く気持ちになれるかを考えると非常に微妙な心境になってしまうかもしれません。そんな考えに至ってしまうとなると、「つくばにデリヘルがあれば」という気持ちに自然になりますよね。移動代にかかるお金のことを考えると指名料やオプション代くらいにはなるでしょう。近ければ通えるだろうという考えは一般的なものでしかなく、あくまでも風俗の業界で考えた時にその利用者がどのような考えをもって行動するかが重要になってきそうです。つくばに限らず日本全国のローカルエリアともなれば同じような状況が考えられるでしょう。利用するほとんどの人が地元に住む人にはなりそうですが、それもまた需要があれば成立するものでしょうから、都市部で営業をする風俗店と比べても実は固定客が多く確保できて利益を出しやすいなどといった状況があるのかもしれませんね。
茨城/デリヘル『つくば風俗エキスプレス ヌキ坂46』