錦糸町のデリヘルで久しぶりに再会

錦糸町のデリヘルで久しぶりに再会

お金が結構余っていた時期は錦糸町のデリヘルで贅沢に遊んだりしていたのですけれども、割と遊び過ぎてしまっていたせいかあっと言う間にお金が無くなってしまいました。お金を貯めるのは時間がかかるものの、使うのはあっという間というのを実感せざるを得ないんですよね。錦糸町はデリヘル嬢のレベルが相当高かったのもあって、いろんな女の子と遊びまくってしまいました。その中でも1人気に入っていた女性がいて、本当に惚れる寸前まで行きそうになったんですけれども、結局デリヘル嬢を満足させ続けられるだけの財力が自分には無いと実感していたので、客とデリヘル嬢の関係を保ち続けていました。ただ、お金が無くなってしまってからはデリヘル通いもきっぱりと辞めてしまったので、時々あの子はどうしているものかなあと思いをはせたりもしました。錦糸町に行くのはこのデリヘルを利用する時ぐらいなものでしたので、普段そこまでそういう考えに行き着くことも無いんですけれども、総武線や半蔵門線を使う時に錦糸町を通りがかったりすると、その子のことを思い返してしまうのです。近頃は良くテレビなどで、錦糸町はギャンブルや風俗のせいで治安が悪いというイメージが植え付けられがちで、世の中の人からすると変な街のイメージしか無かったと思われますけれども、自分にとっては錦糸町はそれだけ思い出深い場所ですし、またそのうち利用したいと思っていました。そんなことを考えていた矢先に、会社の業績が良くなったということで特別ボーナスが支給されたので、さっそく錦糸町に行き、いつものデリヘル店を予約しました。電話した時に出てくれるボーイさんは相変わらずで、久しぶりのご利用ありがとうございますなんて言われたものだから、結構驚いてしまいました。もう半年ぐらい前なのにも関わらず、そんな風に声をかけられると、お金がないのにも関わらずのめり込んでしまいそうになりますし、自分が勝手に惚れかけてた女の子はまだお店に在籍していて、しっかりと指名することが出来ました。女の子を呼んだ場所も、いつもの錦糸町の北口にあるレンタルルーム。薄暗い照明の雰囲気も変わらないので、結構それだけ興奮してしまいましたし、女の子がやってきてドアを開けた瞬間にお久しぶりですって言ってくれたのにもかなり感動してしまいました。デリヘルなのに感動してしまっている自分が色々とおかしくなっているなあと頭では理解しつつも、遠距離恋愛しているカップルかのように抱き合ってしまいました。まあ向こうもどうせ仕事だからって頭ではあると理解しているんですけれどもね。久しぶりのデリヘル嬢とのプレイは相当気持ちよかったので、2回戦までバッチリと決めてしまいましたし、また指名するなんて約束もしてしまいました。変な見栄を切ってしまったので、仕事をいままで以上に頑張って稼ぐしかないなと思いました。
錦糸町のデリヘル・風俗なら『ピュアセレクション』