手づかみ食べはした方がいいのか

手づかみ食べはした方がいいのか

離乳食後期くらいから、赤ちゃんは自分の手で食べ物を口に入れだします。ママはテーブル周りや手や洋服が汚れてしまうのがイヤだと思ってしまいます。ずっとママが食べさせてあげたいと思いがちですが、手づかみ食べは、子どもの大事な成長のステップなのです。指で触ることで食べ物の温度や感触を感じたり、口に運ぶまでの距離を感じたり、手や指を動かすことで脳の発達にとっても重要なことです。なかにはてづかみ食べをしない子もいるようです。そんな子は、食べ物に興味を持つまでじっと待っているか、手を使いやすいお菓子などから始めてみるのも良いです。最初は誰でもぐちゃぐちゃで上手に食べられる子はいません。まずは興味を持たせることが大事だと思います。

手づかみ食べをさせたいのになかなかしない子どももいます。手づかみ食べは、子どもの成長過程の中で重要な項目です。指を使うことは脳の発達につながりますので、ぜひ行って欲しいものです。目安は9ヶ月くらいからがいいです。食べ物を手でつかみ始めたらスタートしてみましょう。食べやすい小さなおにぎりや、茹でた野菜などから始めると良いです。また、保育園や託児所に通っているお子さんは、園での給食時に手づかみ食べをさせています。どんな様子で食べているのか、参考に見せてもらっても良いかもしれませんね。手づかみ食べから次第にスプーン・フォークを使って食べるようになっていきます。だいたい1歳半頃から使い始め、上手になるのは2歳前後といわれれています。

普段から子どもの食事には気を遣っていることと思います。最初は食べさせてもらっていたごはんを自分の手を使って食べ出します。どの子どもの成長過程にも見られるもので、手や洋服が汚くなるからとやらせないのではなく、子どもにとっては必要なことですので、手づかみ食べはやらせてあげるようにしましょう。普段仕事で忙しいママは、託児所や保育園に預けることになると思いますが、これらは食事のときは手づかみ食べを推奨しています。最初はとても汚れますので、袖まである食事用のエプロンなどを用意してあげると良いでしょう。少し見ない間に上手に食べられるようになってたりします。お子さんの成長を楽しんでお食事をさせてあげてくださいね。

託児所ありの風俗店【ハイパーエボリューション】